くせ毛を抑えるにはドライヤーの冷風を使ったほうが良いって本当?

adult-19230_640

 

くせ毛は加齢による

頭皮のたるみが原因なのですが、

 

頭皮のたるみケアはまたがんばるとして、

とりあえず日常気をつけることがあります。

 

くせ毛=ダメージヘア であることが

多いからです。

 

これがまたよりいっそうくせ毛を進行させるという

悪循環になってしまいます。

 

くせ毛の人はドライヤーをかけるときに

冷風を使ったほうが良いというんですが、

本当なのでしょうか?

 

 

髪の毛のうねりは水分量の問題

 

後天的なくせ毛の場合、特に加齢による場合は、

頭皮のたるみによる毛包の変形で、

髪の毛の断面自体が変形して、

うねってしまいます。

 

しかし、もうひとつの原因は

髪の水分量です。

 

健康な髪の毛は

通常7〜11%の水分量を保っていますが、

最大35%までは水分を保持することが

できてしまいます。

 

このために、湿度が高いと、

髪の毛が膨らんで、うねりが出ます。

 

梅雨時に髪の毛のくせが出て爆発!

というのは、これが原因です。

 

ところが、

さらに驚いたことに、

キューティクルがはがれているダメージヘアの場合、

そこからなんと最大68%まで

水分が入り込むことができます。

 

キューティクルがはがれている部分が

大きく膨らんでしまうので、

うねるのです。

 

くせ毛の人のキューティクルははがれやすい

 

くせ毛はまっすぐな髪と比べると、

ウェーブしている外側の部分が

ブラッシングやブローの熱などでダメージを受けやすくなります。

 

ということは、

曲がっている部分のキューティクルが

はがれやすい状態になっています。

 

そこに水分が大量に入り込む。

髪の毛はより膨らんで、うねりが強くなる…

という悪循環になってしまいます。

 

くせ毛の人はドライヤーは冷風で使うと良いそうです

 

キューティクルのはがれている状態だと、

そこからどんどん水分が逃げていってしまうので、

ほっておくと、髪が乾燥してパサつきます。

 

かといって、

くせ毛の場合、

うねっている外側は

乾燥させるとよけいにダメージが大きくなります。

 

知ってますか?

ドライヤーの温度って、110〜140℃もあるんです。

それを長々かけていたら、

そりゃあ乾燥するはずです。

 

じゃあ、どうしたら良いの?

という解決策が、

ドライヤーの冷風を使うことです。

 

コツは、髪をかき分けて

まず頭皮から乾かすことと、

髪の摩擦を防ぐために、

ドライヤーの方を揺らすことです。

 

寒くなってくると、

冷風だけではちょっとつらいという場合も

あると思います。

この場合には、

7〜8割乾いてきたら、冷風に切り替えてください。

 

キューティクルが引き締まって、

ツヤもアップするそうです。

 

【 次に読むのにおすすめの関連記事 】

加齢とともにひどくなるくせ毛はどうしたら改善できるのでしょうか?

シワやたるみに悩んでいるなら要チェック!自腹の辛口レビューとおすすめコスメ比較サイト。


shutterstock_79923584

 

シワやたるみに悩んでいる方以外は、読まないでくださいね!


     

ほうれい線、目尻のシワ、おでこのシワ、目の下のたるみ…

鏡を見ると、疲れてハリのない肌に、思わずため息がでちゃう…

なんていう日が増えている。


       

なんだか、このごろ今まで使っていたコスメが

あんまりしっくりこないと感じたり、

物足りない感じがする。


       

エステ…?

お金かかりそうだし、

効果が続くのかちょっと疑問だし…。


       

美容皮膚科…?美容外科…?

失敗したらこわいし、

病院にも当たり外れがありそうだし、

だいたい一回手を出したら、もう後戻りできなくなりそうだし…。


       

そっちの世界に踏み込む前に、

まだ、コスメでできるだけがんばりたい…。


       

これ全部、今、実際にわたしが感じていることなんです。


       

でも、実際探すといっても、

シワやたるみ対策の化粧品は、ほんとにたくさんあるので、

買う前には、できるだけ信頼できる情報や口コミをチェックしたいですよね。


       

もし、あなたもそんなふうに考えているようでしたら、

まずどうして効くのかという理由をきちんと取材・検証、

さらに必ず自腹で買って使ってみた、かなり詳しいレポート、

この2本立てで、

シワ・たるみに効く最強コスメを紹介しているサイトがあるんです。


       

管理人は、わたしの友人で元女性誌編集者の香織ちゃんと、美容ライターのなつきちゃん。

もし、シワやたるみに悩んでいるようでしたら、

「香織となつきのシワ・たるみとりコスメ.com」 、ぜひチェックしてみてください。


       

あんまり有名じゃないけどすごく良いものから、

誰でも知っている有名どころまで、

名前を聞いたことがあって、気になっているようなコスメを、

細かくチェックして比較しているので

いろいろ自分で調べたり、

試してみる手間もはぶけて、便利ですよ。

コメントを残す