敏感肌のアンチエイジング化粧品、アヤナスの3段階アプローチとは?

新アヤナストライアルセット

decencia(ディセンシア) アヤナス 公式サイト より )

 

 

敏感肌ほど 老化しやすい=老けてみえる そうなのです。

 

女性としてはとても気になる「見た目年齢」

しかし、効果のあるアンチエイジング成分というのは、

敏感肌には時には刺激になることも多いのが心配ですね。

 

敏感肌でも使えるアンチエイジング化粧品として開発されたのが、

ディセンシアの「アヤナス」シリーズです。

 

お肌にやさしいだけではなく、

3段階のアプローチで、

積極的に加齢対策をしていく処方となっています。

 

いったいどんなアプローチ法なんでしょうか?

 

 

なぜ敏感肌は老化しやすいのでしょうか?

 

一番の原因は、肌表面の角層が荒れているために、

バリア機能が低いこと。

このために、外部からの刺激がダイレクトに

肌の内部に伝わります。

 

また荒れたキメの荒い角層からは、

同時に水分蒸散が進み、小ジワの原因となります。

 

また、刺激による微弱炎症を繰り返すうちに、

コラーゲンを破壊する酵素が発生し、

皮膚の奥にある真皮のコラーゲンが破壊され、

ハリ・弾力が低下。

こうして同年代より早く老化が進んでしまうというわけです。

 

調査の結果、

敏感肌と健康な肌では、見た目年齢になんと+11歳の差

がついたそうです!

 

敏感肌の老化に対抗するためには3段構えで … まず角層から

 

まず、敏感肌自体を改善して、

アンチエイジング成分をつかえる土台作りをしなくてはなりません。

 

それには角層のバリア機能の強化です。

ポーラが特許取得している「ヴァイタサイクルヴェール®

 

なんのことだかわかりにくい名前です。

 

要は角層の代わりになるように、

刺激から守って保湿する成分。

そして、通常のセラミドではなく、

人体と全く同じ構造を持つナノサイズの「ヒト型セラミド」を使って、

浸透性を高めています。

 

次に表皮の微弱な炎症を抑える

 

次に、表皮においては、

刺激によって繰り返し起こる微弱な炎症を抑えます。

この繰り返しが、

コラーゲンを破壊する酵素!!を生成させるからです。

 

これに対しては、

抗酸化と抗炎症の効果を持つ「コウキエキス」(甘茶の葉のエキス)

を配合しています。

 

炎症反応発生の元となる酵素「ヒアロニターゼ」の活性を抑制し、

炎症を起こす物質「ヒスタミン」が

表皮へ放出されるのを防ぎます。

 

その結果、炎症を防ぎ、

美容成分が効きやすい状態を維持できるというわけです。

 

そして、最後の3段階目が真皮レベルへのアプローチ

 

コラーゲンを産生する線維芽細胞を活性化させるという、

ポーラ研究所オリジナルの処方

「CVアルギネート」を配合しています。

 

海藻由来の粘度成分で、

線維芽細胞に添加すると、

コラーゲン産生量が170%に増えたということです。

 

※コラーゲンと繊維芽細胞については、こちらに詳しくまとめてあります。
どうする?「加齢ジワ」!!

 

敏感肌ケア+「糖化」にも注目しています

 

アヤナスシリーズには、

さらに『糖化』に着目した

エッセンス コンセントレートという美容液もあります。

 

なぜなら、敏感肌はより『糖化』が進みやすく、

これが「見た目年齢」に大きく影響していることが

わかったからです。

黄ぐすみや、たるんだ毛穴は『糖化』が原因です。

 

酸化と糖化、両方へのアプローチが、

肌のアンチエイジングには必要ですね。

 

ストレスによる肌荒れメカニズムを初めて解明!

 

ディセンシアは

ポーラ・オルビスグループの敏感肌化粧品ブランドです。

ポーラ研究所は、研究開発には定評がありますので、

ディセンシアにもポーラの特許が使われているわけです。

 

ほとんどの人が

ストレスを感じると、お肌の調子が悪くなることを経験していると思います。

ポーラは、初めてこのストレスと肌荒れのメカニズムを解明して、

化粧品業界のオリンピックと言われている 国際化粧品技術者会連盟(IFSCC)で、

最優秀賞を受賞しています。

 

2016年秋に、リニューアルしたアヤナスには、

心理的ストレスによる肌荒れを内側からケアする「ストレスバリアコンプレックス」TM も

配合されるようになって、さらにパワーアップしています。

 

敏感肌でも積極的にアンチエイジングしたい!

『アヤナス』10日間トライアルセット
敏感肌だけに10日くらいはまず試してから、現品購入したいですよね。ローション、美容液、クリームのセットです。香りもおだやかで、しっとりハリがでるのを実感できます。

こちらの記事もよく読まれています

保湿にはNMFとセラミドが大切だと聞きますが、これって何ですか?
お肌の乾燥対策として、どうやって保湿しようか検討してみると、必ずぶつかる「NMF」と「セラミド」という言葉なのですが、大事そうだけどわからない。これって実際のところ、どんなものなんでしょうか?

3種類ある「飲む日焼け止め」ヘリオケア、違いはなんですか?
敏感肌の人には、特に紫外線対策は重要ですよね。「塗る日焼け止め」はもちろん必須なのですが、真皮まで到達するUV-Aは、衣服やガラスも通過してしまいます。そこで、まだあまり知られていない「飲む日やけ止め」が効果を発揮します。

肌の「糖化」改善のためにおさえておきたい3つのポイントとは?
「糖化」は長い時間かけてゆっくりと進む老化現象です。何も対策をせずにいると、いつの間にかくすみ、たるみが進行しているということも。過剰な糖質の摂取を抑えるのも大切です。糖化のメカニズムを知って、しっかり対抗策をとっていきましょう。

シワやたるみに悩んでいるなら要チェック!自腹の辛口レビューとおすすめコスメ比較サイト。


shutterstock_79923584

 

シワやたるみに悩んでいる方以外は、読まないでくださいね!


     

ほうれい線、目尻のシワ、おでこのシワ、目の下のたるみ…

鏡を見ると、疲れてハリのない肌に、思わずため息がでちゃう…

なんていう日が増えている。


       

なんだか、このごろ今まで使っていたコスメが

あんまりしっくりこないと感じたり、

物足りない感じがする。


       

エステ…?

お金かかりそうだし、

効果が続くのかちょっと疑問だし…。


       

美容皮膚科…?美容外科…?

失敗したらこわいし、

病院にも当たり外れがありそうだし、

だいたい一回手を出したら、もう後戻りできなくなりそうだし…。


       

そっちの世界に踏み込む前に、

まだ、コスメでできるだけがんばりたい…。


       

これ全部、今、実際にわたしが感じていることなんです。


       

でも、実際探すといっても、

シワやたるみ対策の化粧品は、ほんとにたくさんあるので、

買う前には、できるだけ信頼できる情報や口コミをチェックしたいですよね。


       

もし、あなたもそんなふうに考えているようでしたら、

まずどうして効くのかという理由をきちんと取材・検証、

さらに必ず自腹で買って使ってみた、かなり詳しいレポート、

この2本立てで、

シワ・たるみに効く最強コスメを紹介しているサイトがあるんです。


       

管理人は、わたしの友人で元女性誌編集者の香織ちゃんと、美容ライターのなつきちゃん。

もし、シワやたるみに悩んでいるようでしたら、

「香織となつきのシワ・たるみとりコスメ.com」 、ぜひチェックしてみてください。


       

あんまり有名じゃないけどすごく良いものから、

誰でも知っている有名どころまで、

名前を聞いたことがあって、気になっているようなコスメを、

細かくチェックして比較しているので

いろいろ自分で調べたり、

試してみる手間もはぶけて、便利ですよ。

コメントを残す