加齢による女性ホルモンの減少はお肌にどんな影響があるのでしょうか

stamen-143939_640

 

お肌に老化をもたらす原因といえば、

紫外線、活性酸素、誤ったスキンケアによる炎症、血行不良などが

あげられるのですが、

実はこのほかにも、女性ホルモンが減ってしまうことも

とても大きな要因だって知っていますか?

 

なんとなく年をとると減っていくだろうというイメージがある

女性ホルモンですが、実際にはどんな働きをしていて、

減ったことによって、どんな影響が出ているのでしょうか。

 

 

減って困るのはエストロゲン(卵胞ホルモン)です

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)は、

真皮層のコラーゲンやエラスチンの産生を促進して、

肌の水分を保持する作用があります。

 

また、自律神経を安定させる、

強力な抗酸化作用で細胞を酸化から守ってくれたり、

骨粗しょう症、動脈硬化、認知症などの

疾患を防いでくれたりもしています。

 

ということは、女性の若さや美しさを維持するためには

とても大事なのがわかりますよね。

お肌のハリ・弾力を保ち、しわやたるみを予防してくれているのは、

女性ホルモン = エストロゲン なわけです。

 

ところが、エストロゲンは妊娠・出産のためのホルモンなので、

25~30歳頃をピークに、

35歳を過ぎたころから徐々に分泌量が低下していき、

更年期の45歳~55歳頃には急激に低下します。

 

そして、エストロゲンが減少すると、

残念ながら、身体や皮膚にさまざまな影響がでてきます。

 

エストロゲンを減らさないために卵巣年齢を意識しましょう

 

『肌年齢 = 卵巣年齢』と、いわれているそうです。

エストロゲンは、卵巣から分泌されているからです。

 

卵巣を若く保つことによって、

女性ホルモンをできるだけ減らさないことが大切です。

 

お肌のケアというと、

どうしても外側からのお手入れを重要視しがちですが、

からだが若く健康だからこそ、お肌も美しく保てるわけです。

 

からだの内側からのケアとして、

卵巣をできるだけ若く保ち、エストロゲンを減らさない努力をしたうえで、

外側からのケアにも力をいれるのが大切ですね。

 

【 次に読むのにおすすめの関連記事 】

女性ホルモンを増やすために卵巣を若返らせるには良い睡眠が大切です。

シワ・たるみに効くアーユルヴェーダのハーブ・シャタバリとは? 

シワやたるみに悩んでいるなら要チェック!自腹の辛口レビューとおすすめコスメ比較サイト。


shutterstock_79923584

 

シワやたるみに悩んでいる方以外は、読まないでくださいね!


     

ほうれい線、目尻のシワ、おでこのシワ、目の下のたるみ…

鏡を見ると、疲れてハリのない肌に、思わずため息がでちゃう…

なんていう日が増えている。


       

なんだか、このごろ今まで使っていたコスメが

あんまりしっくりこないと感じたり、

物足りない感じがする。


       

エステ…?

お金かかりそうだし、

効果が続くのかちょっと疑問だし…。


       

美容皮膚科…?美容外科…?

失敗したらこわいし、

病院にも当たり外れがありそうだし、

だいたい一回手を出したら、もう後戻りできなくなりそうだし…。


       

そっちの世界に踏み込む前に、

まだ、コスメでできるだけがんばりたい…。


       

これ全部、今、実際にわたしが感じていることなんです。


       

でも、実際探すといっても、

シワやたるみ対策の化粧品は、ほんとにたくさんあるので、

買う前には、できるだけ信頼できる情報や口コミをチェックしたいですよね。


       

もし、あなたもそんなふうに考えているようでしたら、

まずどうして効くのかという理由をきちんと取材・検証、

さらに必ず自腹で買って使ってみた、かなり詳しいレポート、

この2本立てで、

シワ・たるみに効く最強コスメを紹介しているサイトがあるんです。


       

管理人は、わたしの友人で元女性誌編集者の香織ちゃんと、美容ライターのなつきちゃん。

もし、シワやたるみに悩んでいるようでしたら、

「香織となつきのシワ・たるみとりコスメ.com」 、ぜひチェックしてみてください。


       

あんまり有名じゃないけどすごく良いものから、

誰でも知っている有名どころまで、

名前を聞いたことがあって、気になっているようなコスメを、

細かくチェックして比較しているので

いろいろ自分で調べたり、

試してみる手間もはぶけて、便利ですよ。