ドラッグストアで買える医薬品HPクリームでシワはとれますか?

HPクリーム60g

 

ドラッグストアやネットで気軽に買える医薬品で、

シワがとれたら…

ほうれい線がなくなったら…

 

そりゃあ、うれしいですよね。

 

実はそんな口コミのある市販薬が、あるんです。

 

HPクリームという乾燥肌用の薬なんですが、

ホントにシワはとれるのでしょうか?

HPクリームは乾燥肌には定評のあるお薬です。

 

わたしは、この『HPクリーム』のことを

薬剤師の友人に聞くまで、

知りませんでした。

 

仕事が忙しくって、

ただでさえ乾燥しがちなのに、

ストレスも重なって、

肌荒れがひど?い。

でも、皮膚科に行く時間がない。

 

そこで、相談したら、

勧めてくれたのが『HPクリーム』だったんです。

ところが、

このクリームで、シワがとれるという口コミが

広まっているんですね。

 

HPクリームは『ヒルドイド』の代用品として使われています。

 

HPクリームは、

皮膚科で処方される保湿剤『ヒルドイド』の代用品として、

使われていることの多い

乾燥肌用の市販薬です。

 

それは、

配合されている有効成分が同じで、

しかも同じ割合で入っているからです。

「ヘパリン類似物質」という成分です。

 

…といっても、

どちらにも0,3%しか入っていないんですけどね。

 

『ヒルドイド』は、

“究極のアンチエイジングクリーム”などと呼ばれていて、

美容目的を隠して、

皮膚科で処方してもらう人も、

けっこういるんです。

 

でも、保湿剤なんですよ。

シワに効くって、どういうことなんでしょうか?

 

ヘパリン類似物質はお肌の中の水分子を集めてくれます。

 

お肌が乾燥しているなと思ったとき、

まず考えつくのって、

化粧水をたっぷりつける とか、

シートマスクでじっくり浸透させる とか、

そういうことですよね。

 

これ、実は古いスキンケアの考え方です。

 

よく聞きませんでしたか?

「化粧水でたっぷり水分を補って、

乳液かクリームの油分でフタをする」 って。

 

化粧水をたっぷりつけても、

一時的にしっとりしたような気がしますが、

浸透したにしても、

せいぜい20層ある角層の2,3層までなんです。

だから、

水分はすぐに蒸発してしまいます。

 

そんな状態で、

油分でフタをしたとしても、

そもそも大した量の水分はキープできないわけです。

 

では、

正しい乾燥肌対策とは、

正しい保湿とは、

何をすればよいのか…?

 

外から水分を与えるのではなく、

お肌そのものに、

水分をキープする力をつければいいんです。

 

『ヒルドイド』や『HPクリーム』に配合されている

ヘパリン類似物質という成分は、

角層に浸透すると、

荒れた、水分が逃げやすくなっているお肌の中の水分子を

集めてキープしてくれるんです。

 

その上で、

配合されている油分で保護して、

うるおいが逃げないようにするというお薬なんです。

 

正しく保湿すれば浅いシワには効果があります。

 

目元によくある浅くて薄いシワ。

「ちりめんジワ」 なんて呼ばれてますよね。

 

この原因は、乾燥です。

まだエイジングとは無縁の若い人でも、

アトピーの乾燥肌に悩んでいると、

細かいシワがたくさんあったりします。

 

なので、「小ジワ」と呼ばれるような浅くて薄いシワの場合、

加齢とは関係なく、

乾燥だけでも起こりうるわけです。

 

「小ジワ」や「ちりめんジワ」は、

しっかり角層がうるおっていれば

目立たなくなります。

だから、

ヒルドイドもHPクリームも

小ジワを改善する効果はあるといえます。

 

シワの原因は乾燥だけではありません。

 

ただ、残念ながら、

20代半ば以降であれば!

見た目は小ジワと思いたいけれども、

実際にはすでに加齢の影響を受けている

中ジワ段階に進んでいます。

 

“お肌の曲がり角”なんて、

古くさい言葉のように聞こえるかもしれませんが、

実は真実です。

 

20代後半になれば、

お肌のハリを支えているコラーゲンは、

もう減り始めるんです。

 

もう保湿だけでは、追いつかなくなります。

 

HPクリームでは大ジワはとれませんが、目立たなくなるかも。

 

HPクリームには、保湿作用のほかに、

血行を促進する作用もあります。

 

これによって、

お肌の新陳代謝がよくなり、

年をとってくると、遅くなってきがちな

ターンオーバーの促進につながる可能性はあります。

 

ただし、真皮に作用して、

コラーゲンの量を増やして、

大ジワを改善する… といった働きはありません。

 

では、なぜHPクリームで、

シワが取れるといわれるのか というと、

もちろん乾燥小ジワは改善されるということもあります。

 

そして、しっかり保湿された肌は、

“ツヤ” があるので、

光をキレイに反射して、

いくぶんかはお肌の凹凸が

目立たなくなるからだと思います。

 

若い子のお肌、

ぜひ気にして観察してみてください。

ピカピカ光ってますよ。

必ずしも若さゆえのアブラギッシュ、

テカリではありません。

 

“若さ=ツヤ”、

それは、お肌が乾燥していないから、

うるおっているから、

生まれるものです。

 

保湿は一番重要で、

効果のあるスキンケアです。

 

もし、乾燥肌・敏感肌トラブルを抱えつつ、

シワに悩み、とりたいと思っているなら、

化粧水たーっぷりではなく、

ちゃんと理にかなった正しい保湿をすれば、

小ジワであれば、

いくらかは改善するはずです。

 

もしも赤くてヒリヒリする、白く粉ふいてる、

そんなひどい状態であれば、

ヒルドイドやHPクリームなどの薬を使って、

まず、お肌の保水力を

高めることが大切です。

 

そして、

しっかり保湿されたツヤツヤお肌をつくったら、

エイジングケアに取り組む。

 

加齢で減ってしまったり、

弾力を失ってしまう

真皮のコラーゲン対策をして、

加齢ジワ = 大ジワ を解決していきましょう。

 

お肌の保湿力を高めるHPクリームは通販でも購入できます。

【第2類医薬品】HPクリーム
つらくて治りにくい赤いヒリヒリ肌や粉ふき肌を改善するヘパリン類似物質0,3%配合の治療薬です。無香料・無着色、テクスチャーもサラッとしていて使いやすいクリームです。

【 次に読むのにおすすめの関連記事 】
乾燥肌に効く市販薬HPクリームはヒルドイドの代わりになりますか?

乾燥肌の治療薬HPクリームを顔に使ってみました

シワやたるみに悩んでいるなら要チェック!元女性誌・美容担当のおすすめコスメと辛口レビューサイト

shutterstock_79923584

 

シワやたるみに悩んでいる方以外は、読まないでくださいね!

 
 
 

ほうれい線、目尻のシワ、おでこのシワ、目の下のたるみ…

鏡を見ると、疲れてハリのない肌に、思わずため息がでちゃう…

なんていう日が増えている。

 
 
 
 

なんだか、このごろ今まで使っていたコスメが

あんまりしっくりこないと感じたり、

物足りない感じがする。

 
 
 
 

エステ…?

お金かかりそうだし、

効果が続くのかちょっと疑問だし…。

 
 
 
 

美容皮膚科…?美容外科…?

失敗したらこわいし、

病院にも当たり外れがありそうだし、

だいたい一回手を出したら、もう後戻りできなくなりそうだし…。

 
 
 
 

そっちの世界に踏み込む前に、

まだ、コスメでできるだけがんばりたい…。

 
 
 
 

これ全部、今、実際にわたしが感じていることなんです。

 
 
 
 

でも、シワやたるみ対策の化粧品って、ほんとにたくさんあるので、

もうどれを買ったら良いかわからない!

 
 
 
 

もし、あなたもそんなふうに考えているようでしたら、

どうして効くのかというポイントをきちんと説明してくれて、

さらに自腹で買って使ってみた辛口レビュー、

この2本立てで、

シワ・たるみに効く最強コスメを紹介しているサイトがあるんです。

 
 
 
 

管理人は、わたしの友人で元女性誌・美容担当の香織ちゃんと、同僚だったなつきちゃん。

もし、シワやたるみに悩んでいるようでしたら、

「香織となつきのシワ・たるみとりコスメ.com」 、ぜひチェックしてみてください。


 
 
 
 

あんまり有名じゃないけど、効果バツグンのコスメから、

誰でも知っている有名どころまで、

細かくチェックしているので、

自分でたくさん調べてみる手間がはぶけて良いですよ〜。