日焼けはしたくない、ビタミンDは増やしたい、どうしたらいいの?

parasols-110271_640

 

紫外線のお肌に対する悪影響は「光老化」ということばで

知られるようになってきました。

 

シミ、シワ、たるみ… すべての原因につながる紫外線。

『紫外線、百害あって一利無し』と思いきや、

実は一利あります。

 

それは、肌に紫外線B波 (UV-B) が当たることで、

体の中でビタミンDが合成できるようになることです。

 

実は、ビタミンDは肌の美しさとも大きく関わっています。

 

ビタミンDは美肌にも欠かせない栄養素

 

 

 

ビタミンDはヒトの必須ビタミンですが、

まだまだ日本人にはあまりなじみのない存在かもしれません。

 

骨を作る時に重要な働きをすることくらいしか知られていませんが、

実は肌の美しさとも大きく関わっています。

たとえば、

・メラニン色素の沈着防止

・コラーゲンの合成促進

などです。

すごくお肌にとっても、重要な栄養素なんです。

 

紫外線不足がむしろシミの原因に?

 

あまり知られていないことですが、

ビタミンDは、細胞分裂を起こすための信号物質としての働きを持っています。

ということは… 不足するとターンオーバーがゆっくりになってしまいます。

 

肌を紫外線から守ろうと、日焼け止めを塗っていると

ビタミンDの合成力がほぼなくなります。

SPF8でビタミンDの合成は97.5%、

SPF15で99.5%減少するといわれています。

 

せっかく紫外線の影響から肌を守ろうと日焼け止めを塗っているのに、

ビタミンD不足でターンオーバーがゆっくりになってしまい、

結果としてなかなかシミが消えなくなった… なんてことが起こったら、

何をやってるのかわからなくなってしまいます。

 

また、ビタミンDは、細胞分裂だけでなく、

『コラーゲンを作りなさい』という信号にもなっています。

ということは、不足すると新しいコラーゲンを作り出す力が低下してしまいます。

 

日本女性の2人に1人はビタミンD不足!

 

今、日本で知らぬ間に「ビタミンD」の不足におちいる人が多いといいます。

その数、実に女性の2人に1人!

 

ビタミンDは食事からもとれますが、

その大半が「紫外線を浴びる」ことで皮膚でつくられており、

屋外で過ごす時間が少ないと、ビタミンD不足になりやすくなります。

したがって、ガッチリ紫外線対策をして、

しかも屋内中心の生活をしている場合には、

まずビタミンDが不足していると思って、間違いなさそうです。

 

日焼け止めを塗ったら、ビタミンDは身体の中から補いましょう

 

では、まず食物からどれくらいビタミンDがとれるかというと…

 

マグロ、イワシ、サバ、サケなど 200-360IU/85-100g

生シイタケ 100IU/100g

干しシイタケ 1600IU/100g

卵黄 20IU/1個

 

では、ビタミンDはどれくらい摂取すれば良いのでしょうか。

 

日本での基準は200IU(5μg)

欧米では200-600IU(5-15μg)とかなり差があり、

ハーバード大学では1000IU(25μg)を推奨しています。

200IUとしても、毎日おさかな、毎日シイタケとはいきませんし、

200IUは最小限レベルです。

 

お肌に良いのはもちろんですが、

血中のビタミンD濃度が低い人は免疫力が弱くなり、

がんやカゼ・インフルエンザなどの感染症のリスクが高くなります。

現在のところ、乳がん、卵巣がん、大腸がんなどについて

ビタミンDとの関係が報告されています。

また、さらに代謝が低下するので、

ダイエット効果が出にくかったり、

動脈硬化や糖尿病のリスクが高くなると考えられています。

 

ビタミンDは、摂取過剰についてもよく書かれていますが、

一般的に言われている過剰症は、1日40000IU以上を長期服用で報告されているため、

ほとんど心配する必要はないようです。

 

こちらの記事もよく読まれています

3種類ある「飲む日焼け止め」ヘリオケア、違いはなんですか?
日に当たる30分前に飲めば、効果がある『飲む日焼け止め』があります。天然成分で、汗で落ちても塗りなおしができない場合や、日焼け止めの塗れない髪の毛や目への紫外線対策もできます。3種ありますが、紫外線対策をすればするほど不足しがちなビタミンDが配合されているウルトラ-Dはおすすめです。

最強日焼け止め『ヘリオケア』ジェル、SPF90と50+の違いは?
光老化を防ぐためには、まず紫外線対策を万全にしなくてはなりません。『塗る日焼け止め』+『飲む日焼け止め』で、効果を最大限に考えているのが、主に美容外科で使われているヘリオケアです。SPF90という最強数値の日焼け止めがあるのも特徴でしたが、法改正で表記方法が変わりました。

シワやたるみに悩んでいるなら要チェック!自腹の辛口レビューとおすすめコスメ比較サイト。


shutterstock_79923584

 

シワやたるみに悩んでいる方以外は、読まないでくださいね!


     

ほうれい線、目尻のシワ、おでこのシワ、目の下のたるみ…

鏡を見ると、疲れてハリのない肌に、思わずため息がでちゃう…

なんていう日が増えている。


       

なんだか、このごろ今まで使っていたコスメが

あんまりしっくりこないと感じたり、

物足りない感じがする。


       

エステ…?

お金かかりそうだし、

効果が続くのかちょっと疑問だし…。


       

美容皮膚科…?美容外科…?

失敗したらこわいし、

病院にも当たり外れがありそうだし、

だいたい一回手を出したら、もう後戻りできなくなりそうだし…。


       

そっちの世界に踏み込む前に、

まだ、コスメでできるだけがんばりたい…。


       

これ全部、今、実際にわたしが感じていることなんです。


       

でも、実際探すといっても、

シワやたるみ対策の化粧品は、ほんとにたくさんあるので、

買う前には、できるだけ信頼できる情報や口コミをチェックしたいですよね。


       

もし、あなたもそんなふうに考えているようでしたら、

まずどうして効くのかという理由をきちんと取材・検証、

さらに必ず自腹で買って使ってみた、かなり詳しいレポート、

この2本立てで、

シワ・たるみに効く最強コスメを紹介しているサイトがあるんです。


       

管理人は、わたしの友人で元女性誌編集者の香織ちゃんと、美容ライターのなつきちゃん。

もし、シワやたるみに悩んでいるようでしたら、

「香織となつきのシワ・たるみとりコスメ.com」 、ぜひチェックしてみてください。


       

あんまり有名じゃないけどすごく良いものから、

誰でも知っている有名どころまで、

名前を聞いたことがあって、気になっているようなコスメを、

細かくチェックして比較しているので

いろいろ自分で調べたり、

試してみる手間もはぶけて、便利ですよ。

コメントを残す