ハードコンタクトレンズがおでこのシワの原因だって知ってますか?

pug-259321_640

おでこのシワ…といえば、パグでしょう。

パグ、かわいいんですけどね。

しかし、わたしのおでこのシワをかわいいって

言ってくれる人はいません、残念ながら。

 

パグ犬のごとき深〜いおでこのシワは、管理人よしこの悩みです。

がんばってきてますよ、今まで。

シワに効くと言われているコスメだけじゃなく、

『頭皮エステ』で頭皮の血行を促進して、たるみ対策したり、

『絶対小顔コルセット』でググっと矯正してみたり。

 

まじめにコツコツ取り組んで、それなりに効果はあるようです。

それでも、画期的な効果とまではいかないし、

ボトックスにいくのには、ちょっとまだ抵抗がある。

 

と悩んでいたところ、驚愕!の事実を知りました。

おでこにシワをつくる習慣を、毎日毎日27年間続けていたことが

わかりました! 大ショックです!

 

ハードコンタクトレンズが、おでこのシワの原因だなんて…。

 

今回はわたしの身に起こったことと、その解決法をお話しします。

チェックリストもありますよ。

 

だって、ハードのほうが眼に良いって言われたんだもの !!

 

ちょっと調べてみたところ、

いまや国民の10人に1人がコンタクトレンズを使っている日本。

これは1200万〜1800万人にあたるそうです。

 

コンタクトレンズユーザーの4割が、もう使い捨てワンデーなんですって。

でも40代以上になると、

根強く使われているのが、ハードコンタクトレンズです。

40代では約40%、50代では44%、60代になると半数以上が

まだハードを使っているそうです。

 

こう書いている管理人よしこも、

27年来のハードコンタクトレンズユーザーでした。

 

『ソフトは眼に悪い』と眼科医に言われて、

ハードを使い続けている人、ソフトからハードに変えた人、

わたしと同じ世代の方には、きっとたくさんいるはずです。

 

  • ソフトは汚れが蓄積するので、それが目に障害を起こす可能性がある
  • ソフトは目にキズがあっても痛みを感じにくいため、目に障害や炎症が起こっても気づきにくい
  • ハードにくらべて手入れが面倒なので、正しくケアをしない可能性がある
  • 古くなっても、レンズを使い続ける可能性がある

 

こんなこと、言われませんでしたか?

わたしは中2のころ、ソフトの登場とほぼ同時に使い始めたのですが、

10年ほどしたある日、眼科医に

『あなたは一生コンタクトなんだから、もし眼に炎症が起こったら、

すぐ気がつくハードに変えたほうが絶対にいいよ』と言われて、

ハードに変えたのでした。

(ちなみに、管理人は−10D以上の最強度近視です)

 

左眼に異変?コンタクトがはずれな〜い(泣)

 

ハードコンタクトレンズのはずし方、

使っていらっしゃる方はもちろんごぞんじでしょうが、

レンズをはすす側の人差し指で目尻を強めに押さえて、

外側にキュッと引っぱります。

すると、上まぶたと下まぶたのふちに、レンズが上下からはさまれるので、

パチッとまばたきすると、レンズがはずれます。

 

半年くらい前からでしょうか。

目尻を引っぱっても、一回ではレンズがはずれないことが結構出てきました。

特に左眼。

何回も引っぱってみる、でもなかなかはずれない。

 

同じころ。

髪の毛を切ると、記録のために自撮りしているのですが、

なんだか左眼がちっちゃく写る…ので、

開けようと意識するのですが、右眼とおんなじように開かないんです。

 

むむむ。

これは何か左眼に異変か…。

 

ハードコンタクトレンズのせいで、まぶたが下がる ?!(写真付きチェックリスト)

 

いろいろ調べてみたところ、

なんとハードコンタクトレンズの長期装用で、

『眼瞼下垂』(がんけんかすい)という病気になることがあるそうです。

 

これが、衝撃のチェックリスト!

  1. まぶたが重く感じる
  2. 目をよくこする癖がある
  3. コンタクトレンズ(ハードタイプ)を使っている
  4. 肩こりがある
  5. 偏頭痛がある
  6. おでこのシワが多い。深い
  7. まぶたがくぼんでいる
  8. 二重でなく、三重四重になっている
  9. 眼精疲労が強い
  10. 夕方になると、目の奥や額部分に痛みや苦痛を感じる
  11. 三白眼
  12. 夜、車の対向車のライトがまぶしい
  13. あごを上げている ( 写真を撮るときあごをひいてと言われる )

2014-05-03 15.30.22

13項目中、なんと9つあてはまりました。

ハイ、実写でご説明します。

 

7. まぶたがボコっと落ちくぼんでいますね〜。

8. 二重でなく、三重?四重?なんだかわからなくなっていますね〜。

11. まぎれもなく三白眼ですよね…。

 

ハードコンタクトレンズの悪い点は、

まぶたの上げ下げによる機械的な刺激が強いこと、

はずすためにまぶたをひっぱること。

 

まぶたを上げる筋肉は2つあって、

文字通りの『眼瞼挙筋』(がんけんきょきん)と『ミュラー筋』です。

常にレンズがまぶたの裏側をこすって刺激すると、

ミュラー筋が線維化をおこしたり、ゆるんだりしてしまうのだそうです。

 

「線維化」というのは、

炎症の次の段階で、筋肉の収縮性がなくなっていく状態。

繊維化を起こした筋肉は力が入らないので、

まぶたを上にあげることができなくなってしまい、

下がってくるというわけ…。

 

また、眼瞼挙筋と瞼板(けんばん)をつないでいる

挙筋腱膜の結合部分が長い間のレンズの摩擦や刺激ではずれたり、

腱膜がゆるんだりすることも

まぶたの開きを悪くしてしまいます。

※瞼板(けんばん)= まぶたの内部にある芯のような構造。コラーゲン繊維でできているまぶたの『骨』にあたる存在。

 

その上、強度近視の人は眼瞼下垂になりやすいという説もあるそう。

 

いやいや、初耳でしょ。

眼に良いはずのハードが、眼に悪いって!

 

ちなみに気になる「長期装用」の期間ですが、

10年以上使っている人は、

かなりの確率で眼瞼下垂になっているそうです。

 

眼瞼下垂(がんけんかすい)がおでこのシワに至るまでのメカニズムとは

 

さて、まぶたの上がらない人がまぶたを上げるためには

どうしているのでしょうか?

 

正解は… 「眉毛を上げる」です。

 

眉毛を上げると、まぶたが上がりますよね。

まぶたが上がりにくくなると、それを補うために、

無意識にいつも眉毛を上げるくせがつきます。

 

眉毛を上げると… 鏡を見ながら、ぜひ確かめてみてください。

おでこに横ジワができます。

 

この表情を長年繰り返すことによって、

皮膚にはシワが深〜く刻み込まれるのです。

うわーっ!

 

いくらおでこのシワ対策しても、

実は毎日強化しているんだから、そうそう薄くなるわけないですよね。

今までの努力はなんだったのかしらと

ちょっと虚しくなったのでした。

 

そして管理人よしこの出した結論は…

 

だんだん左眼が軽いものもらいでもできているように

重く感じられてきて、

ものを見るのにアゴをあげたほうがラクになってきて…

と、自らが眼瞼下垂であろうというかなり強い確信が出てきた反面、

これって手術しなくちゃ治らないんじゃないの? という恐怖心も。

(管理人は一度も手術経験がありません)

 

結論は、

1. とにかく専門医を探して、受診する → 手術を想定して、「うまい」先生を探す

2. ハードはやめて、ソフトに変える → 変えても良くなることはないそうですが

 

もしかしたら、あなたの肩こりや頭痛も眼精疲労も、

眼瞼下垂のせいかもしれません。

もちろん、深いおでこのシワも。

 

眼瞼下垂については、

これからもくわしく書いていきますね。

 

【 次に読むのにおすすめの関連記事 】

【体験レポ】眼瞼下垂手術でおでこのシワは消えるのか?準備編(1)

シワやたるみに悩んでいるなら要チェック!自腹の辛口レビューとおすすめコスメ比較サイト。


shutterstock_79923584

 

シワやたるみに悩んでいる方以外は、読まないでくださいね!


     

ほうれい線、目尻のシワ、おでこのシワ、目の下のたるみ…

鏡を見ると、疲れてハリのない肌に、思わずため息がでちゃう…

なんていう日が増えている。


       

なんだか、このごろ今まで使っていたコスメが

あんまりしっくりこないと感じたり、

物足りない感じがする。


       

エステ…?

お金かかりそうだし、

効果が続くのかちょっと疑問だし…。


       

美容皮膚科…?美容外科…?

失敗したらこわいし、

病院にも当たり外れがありそうだし、

だいたい一回手を出したら、もう後戻りできなくなりそうだし…。


       

そっちの世界に踏み込む前に、

まだ、コスメでできるだけがんばりたい…。


       

これ全部、今、実際にわたしが感じていることなんです。


       

でも、実際探すといっても、

シワやたるみ対策の化粧品は、ほんとにたくさんあるので、

買う前には、できるだけ信頼できる情報や口コミをチェックしたいですよね。


       

もし、あなたもそんなふうに考えているようでしたら、

まずどうして効くのかという理由をきちんと取材・検証、

さらに必ず自腹で買って使ってみた、かなり詳しいレポート、

この2本立てで、

シワ・たるみに効く最強コスメを紹介しているサイトがあるんです。


       

管理人は、わたしの友人で元女性誌編集者の香織ちゃんと、美容ライターのなつきちゃん。

もし、シワやたるみに悩んでいるようでしたら、

「香織となつきのシワ・たるみとりコスメ.com」 、ぜひチェックしてみてください。


       

あんまり有名じゃないけどすごく良いものから、

誰でも知っている有名どころまで、

名前を聞いたことがあって、気になっているようなコスメを、

細かくチェックして比較しているので

いろいろ自分で調べたり、

試してみる手間もはぶけて、便利ですよ。