年齢肌に効く4種類のグロースファクター( GF )、その役割は?

 

コスメ研究イメージ
 

ある細胞に選択的に働きかけるグロースファクターですが、

お肌の状態の改善に効くのは、どんな種類があるのでしょうか。

 

グロースファクター(GF)とは何かについては、こちらをお読みください。
目立つ毛穴、たるみに効くグロースファクター(GF)とは何ですか?

 

お肌にとってのグロースファクターは、

どこに働きかけて、どうなることが期待できるのでしょうか。

化粧品に配合されている4種類のGFについてまとめてみました。

 

化粧品に配合されているのは主に4種類のGFです

 

化粧品にはいっている主なものを4つあげてみました。

 

① 上皮成長因子Epidermal growth factor:EGF

② 塩基性線維芽細胞増殖因子(basic fibroblast growth factor:bFGFまたはFGF2)= 簡単に “FGF“と表記されることが多い

③ インスリン様成長因子Insulin-like growth factor:IGF)

④ 肝細胞増殖因子Hepatocyte growth factor:HGF

 

それぞれのGFは、どんな働きをするのでしょうか。

 

一番多く配合されているEGFとは?

 

上皮成長因子(Epidermal growth factor:EGF)は、

もっとも化粧品によく配合されています。

発見したアメリカのスタンレー・コーエン博士が、

1986年にノーベル生理学・医学賞を受賞したことで知られています。

 

皮膚細胞の生成を促す働きがあり、

皮膚再生を必要とするヤケドや床ずれ治療などの医療分野で幅広く利用されています。

残念ながら、下表のように加齢とともに激減します!

 

 

真皮の線維芽細胞に働きかけるGF : FGF

 

EGFが表皮に働きかけるのに対して、

塩基性線維芽細胞増殖因子(basic fibroblast growth factor:bFGFまたはFGF2)は、

真皮の線維芽細胞に働きかけます

 

肌にハリや弾力がなくなるのは、

コラーゲンや保水力の低下といわれていますが、

それは線維芽細胞の能力の低下が原因となって起きるもの。

線維芽細胞が、コラーゲンや弾力を保つエラスチン、保水力のあるヒアルロン酸を

生成、分解を繰り返しているのですが、

加齢とともに生産より分解の数が上回ってしまいます。

 

肌再生には非常に効果的なので、

美容外科では注入療法も行われています。

 

人体のほとんどの細胞に影響を与えているIGF

 

名前だけだと、お肌にどんな関係があるのかと思う

インスリン様成長因子(Insulin-like growth factor:IGF)ですが、

実は人体のほとんどの細胞に影響を与えています。

細胞分裂や細胞の成長を促進するため、

正常な成長や健康の維持に重要な役割を果たします。

 

成長ホルモン(HGH) の分泌に応じて、肝臓で産生され、

したがって、加齢と共にその量は減少します。

 

特に、毛母細胞の活性化のために、

育毛目的で使われていることが多いGFです。

 

肝臓のすごい再生能力を担っているHGF

 

肝臓は極めて再生力が旺盛な臓器です。

手術などで全体の70パーセント程度を切除しても、

4か月~半年後には大きさも機能も元に戻ります。

 

成熟肝細胞に対する増殖促進因子として発見された

肝細胞増殖因子(hepatocytegrowth factor;HGF)は

各種の傷に対しても、

組織の再生ならびに保護を担う生理機能を有していることがわかってきています。

 

皮膚においても、表皮のケラチノサイト(角化細胞)の増殖を促進することが明らかにされ、

表皮の形成や再生に関与しています。

 

単品使用するか、複数使用するか?

 

どれも加齢によって衰えの見られる年齢肌には効果のあるGFですが、

IGF とHGFについては、

単独で配合されている化粧品は見当たりませんので、

相乗効果を期待してGFが複数配合されているものを選ぶとよさそうです。

 

EGF と FGFは、単品美容液があります。

EGFは表皮、FGFは真皮と働くところが違いますので、

加齢対策としては併用するのが良いと思います。

 

また、4種類すべてが含まれているものとしては、

プラセンタ(胎盤)があります。

 

こちらの記事もよく読まれています

目立つ毛穴、たるみに効くグロースファクター(GF)とは何ですか?
EGF,FGF など、” GF ” がついた成分の入った化粧品を見かけます。” 成長因子 “、” サイトカイン ” っていうのも同じもの?そして、どうして加齢による毛穴の目立ちや、たるみに効くの? 加齢で減少してしまうグロースファクターを補うには、主に5つの方法があります。

EGFバイオハイドロゲルマスクは韓国のジェニック社製なのはなぜ?
上皮成長因子(Epidermal Growth Factor-EGF)がたっぷり配合された「ハイドロゲルマスク」があります。美容液そのものをゲル状化して、マスクの形にしているので、顔にぴったりと密着しやすく長時間の「ながらパック」にも向いています。

アンプルールで肌糖化に効果のあるカルノシンが配合されているのは?
まだあまり知られていないのですが、酸化にも糖化にも効果のあるアンチエイジング成分・カルノシン。アンプルールの『ラグジュアリー・デ・エイジ』シリーズには、4種類のGFのほかに、このカルノシンが配合されていて、より加齢にフォーカスしたラインになっています。

フラコラのプラセンタ、液体とつぶで迷った時の4つのポイントとは?
お値段が比較的お手頃で、ちょっと試してみたいと思うプラセンタが、フラコラですね。とはいえ、ドリンクタイプの『プラセンタ液150000』と、カプセルタイプの『プラセンタつぶ5000』があって、どちらが良いのか迷ってしまいます。そこで、迷った時の比較ポイントをまとめてみました。

シワやたるみに悩んでいるなら要チェック!元女性誌・美容担当のおすすめコスメと辛口レビューサイト

shutterstock_79923584

 

シワやたるみに悩んでいる方以外は、読まないでくださいね!

 
 
 

ほうれい線、目尻のシワ、おでこのシワ、目の下のたるみ…

鏡を見ると、疲れてハリのない肌に、思わずため息がでちゃう…

なんていう日が増えている。

 
 
 
 

なんだか、このごろ今まで使っていたコスメが

あんまりしっくりこないと感じたり、

物足りない感じがする。

 
 
 
 

エステ…?

お金かかりそうだし、

効果が続くのかちょっと疑問だし…。

 
 
 
 

美容皮膚科…?美容外科…?

失敗したらこわいし、

病院にも当たり外れがありそうだし、

だいたい一回手を出したら、もう後戻りできなくなりそうだし…。

 
 
 
 

そっちの世界に踏み込む前に、

まだ、コスメでできるだけがんばりたい…。

 
 
 
 

これ全部、今、実際にわたしが感じていることなんです。

 
 
 
 

でも、シワやたるみ対策の化粧品って、ほんとにたくさんあるので、

もうどれを買ったら良いかわからない!

 
 
 
 

もし、あなたもそんなふうに考えているようでしたら、

どうして効くのかというポイントをきちんと説明してくれて、

さらに自腹で買って使ってみた辛口レビュー、

この2本立てで、

シワ・たるみに効く最強コスメを紹介しているサイトがあるんです。

 
 
 
 

管理人は、わたしの友人で元女性誌・美容担当の香織ちゃんと、同僚だったなつきちゃん。

もし、シワやたるみに悩んでいるようでしたら、

「香織となつきのシワ・たるみとりコスメ.com」 、ぜひチェックしてみてください。


 
 
 
 

あんまり有名じゃないけど、効果バツグンのコスメから、

誰でも知っている有名どころまで、

細かくチェックしているので、

自分でたくさん調べてみる手間がはぶけて良いですよ〜。

コメントを残す