今からでも遅くない!さあ、寝方を変えてシワ・たるみを改善しよう!

仰向け寝の女性

 

「寝方を変えてシワ・たるみを改善しよう!」なんて、

ほとんどの人にはなんのこっちゃ?っていう感じかもしれません。

 

『寝方』っていうのは、

あおむけに寝る、うつ伏せに寝る、横向きに寝る… っていう

「寝る向き」のことです。

 

わたくし・管理人よしこは … というと、物心ついてから、ずっと横向きで、

右を下にして、寝てきました。

 

ところが、大変です!!

 

そのせいで、ほうれい線と口の横のシワが深くなっていたらしいんです。

さらに、左右を比べると、

確かに、下にしていた右のほうが深くて濃い!!!

 

もう、もう!衝撃の事実なんですが、

今からでも改善できるのでしょうか…?(涙)

 

日本人女性の6割以上が横向きで寝ています。

 

いまさらそんなこと言われても?と、こころの底から思いますが、

わたしは子供の頃に、母親から

右を下にして寝たほうが、

心臓を圧迫しなくて良い とか、

消化に良い とか、

そんなことを言われていたような気がします。

 

横向き寝のほうが良いんだと信じこんで、

すでに、横向き寝キャリア40年以上です。

 

だって、抱きまくらなんてものだって、あるじゃないですか?

抱きまくらを抱いた姿は、胎児の姿勢だから安心して熟睡できる… なんてことも

聞いたことありますよ。

 

日本人の場合、

あお向き寝と横向き寝の人の割合は、だいたい半々と言われていますが、

20才?59才の女性だけにしぼると、

61%が横向き寝、6%がうつぶせ寝、

あお向きで寝ている人は33%しかいません

 

ウチの母が、

「よしこちゃん、横を向いて寝ては絶対にダメよ。

お顔がゆがんだり、シワやたるみのもとになっちゃうのよ。」

なーんて言って、育ててくれていたら… と思わずにはいられませんが、

もう気がついたからには、

今からでも横向き寝、矯正するしかありません。

 

横向き寝の欠点は、ほかにもいろいろあるんです。

 

頭の重さは、体全体の約10%といわれています。

50kgの人だったら、5kg。

この重量が、横向きに寝ることによって、常に体の片側にかかっています。

わたしだったら、右側。

 

毎日、毎日です。

下側にかかった重さによって、皮膚がたるみます

頭蓋骨の骨格がゆがんで、顔の左右差ができます。

押しつぶされた方のほうれい線が深くなります。

 

「えー、わたしずっと横向きに寝てるけど、別に大丈夫だけど…

寝方は別に関係ないんじゃない?」

と、思っているあなたも、考えてみてください。

 

お年寄りって、急にある日起きたら、

腰が曲がっていたわけじゃありませんよね?

毎日毎日、自分が気づかない間に、

少しづつ少しづつ老化が進んで、

いつの間にか、びっくりするほど腰が曲がっている。

 

いまは、平気だもーんと思っていても、

横向き寝、ほかにもいろいろ良くない点があるので、

直せるなら直したほうが良いです。

 

体を歪ませるのは、持続的にかかる弱い力だと言われています。

まさに、睡眠中ってそんな感じですよね。

骨盤が歪めば、全身の血行不良下半身太りのもとにもなります。

 

横向きにしか寝られないなら「猫背」かも?

 

とはいえ、長年続けてきた習慣ですから、

なかなか変えるのは難しい。

そう思っている人のなかには、あお向けに寝ると「腰が痛くなる」

という理由が多いようです。

 

そこで、友人のカイロプラクターに相談してみると、こんな返事が。

「そうなのよね?。今は「猫背」の人がすごく多くって、

まっすぐに寝ようとしても、腰が痛くなっちゃうんで、

つい横向きに寝てしまうのよ。」

 

横向き寝の原因の多くは、「猫背」なんです。

 

また、ニワトリと卵のようですが、

横向き寝が、猫背の原因になっているとも言われています。

 

猫背って、印象が悪いだけじゃなくって、

頭痛、肩こり、胃腸の不調など、体に悪影響大です。

 

あお向きに寝られるようにしていけば、猫背も治っていきますので、

いいことづくめです。

 

実践済!横向き寝をあお向け寝に矯正していく方法とは?

 

良いといわれている寝方は、

寝ている時でも、良い姿勢で立っているときと同じように、

体の「S字カーブ」が保たれている状態です。

 

でも、もう「猫背」で腰が痛いとしたら… ?

 

女性の場合、「猫背」とセットになっているのが

反り腰」という状態です。

あお向けに寝ると、ふとんやマットレスと腰の間にすき間ができるので、

腰が疲れて、痛みます。

そのすき間を埋めようとすると、前かがみの姿勢になります。

… 寝られません! → 結局、横向きに寝ます。

 

そこで、バスタオルを使って、

体の「S字カーブ」を補強していきます。

バスタオルを巻いて、

ふとんやマットレスと、腰のすき間に差し込みます。

やっぱり「反り腰」だったわたしも、試してみると、

簡単なことなんですが、ずいぶんラクになりました。

 

つぎに、枕です。

猫背の人は、首が前に出ているので、

高い枕を使う傾向があります。

あお向けに寝ると、肩が浮いて寝にくいので、

結局、横向きに寝るようになります。

 

高い枕、首にシワが寄るので、やめましょう。

この場合も、首のうしろがちょっと高くなるような低い枕にします。

またまた、バスタオルでつくれる即席枕も良いですよ。

わたしは、これをつくって、あおむけに寝ています。

すぐ洗えるし、清潔だし、おすすめできます。

 

このまま、横向き寝続けますか?

 

長年続けてきた横向き寝、

まさかそれが、顔のたるみを引き起こして、

ほうれい線を深くしていたなんて、大ショックでしたが、

それだけじゃなくて、

体がゆがんで、いろんな不調の原因になっていたかもしれないとわかって、

わたしは、がんばってあお向け寝に直しました。

 

せっかくシワやたるみに効くというコスメを使っても、

アンチエイジングに良いというサプリを飲んでも、

こんなことで、帳消しになっていたとすれば、くやしいです。

 

まだまだ、これからキレイでいるためにも、

もし、横向きやうつぶせ(横向きよりもっと顔がたるみます!)に寝ていたら、

ぜひ、あお向け寝に変えてみてください。

シワやたるみに悩んでいるなら要チェック!元女性誌・美容担当のおすすめコスメと辛口レビューサイト

shutterstock_79923584

 

シワやたるみに悩んでいる方以外は、読まないでくださいね!

 
 
 

ほうれい線、目尻のシワ、おでこのシワ、目の下のたるみ…

鏡を見ると、疲れてハリのない肌に、思わずため息がでちゃう…

なんていう日が増えている。

 
 
 
 

なんだか、このごろ今まで使っていたコスメが

あんまりしっくりこないと感じたり、

物足りない感じがする。

 
 
 
 

エステ…?

お金かかりそうだし、

効果が続くのかちょっと疑問だし…。

 
 
 
 

美容皮膚科…?美容外科…?

失敗したらこわいし、

病院にも当たり外れがありそうだし、

だいたい一回手を出したら、もう後戻りできなくなりそうだし…。

 
 
 
 

そっちの世界に踏み込む前に、

まだ、コスメでできるだけがんばりたい…。

 
 
 
 

これ全部、今、実際にわたしが感じていることなんです。

 
 
 
 

でも、シワやたるみ対策の化粧品って、ほんとにたくさんあるので、

もうどれを買ったら良いかわからない!

 
 
 
 

もし、あなたもそんなふうに考えているようでしたら、

どうして効くのかというポイントをきちんと説明してくれて、

さらに自腹で買って使ってみた辛口レビュー、

この2本立てで、

シワ・たるみに効く最強コスメを紹介しているサイトがあるんです。

 
 
 
 

管理人は、わたしの友人で元女性誌・美容担当の香織ちゃんと、同僚だったなつきちゃん。

もし、シワやたるみに悩んでいるようでしたら、

「香織となつきのシワ・たるみとりコスメ.com」 、ぜひチェックしてみてください。


 
 
 
 

あんまり有名じゃないけど、効果バツグンのコスメから、

誰でも知っている有名どころまで、

細かくチェックしているので、

自分でたくさん調べてみる手間がはぶけて良いですよ〜。