シワ・たるみに効くアーユルヴェーダのハーブ・シャタバリとは?

シャタバリ

 

「シャタバリ」って、初めて聞く方も多いのではないかと思います。

実は、インドの生薬の中では、

女性向きの処方の少なくとも50%に使われているくらい

一般的なハーブなんです。

 

インドでは伝統的に滋養強壮のため、

栄養補助食品として、摂取されてきたシャタバリですが、

実は女性ホルモンを増やして、

シワやたるみにも効果があるといわれています。

 

いったいどんなハーブなんでしょうか?

 

?シャタバリは「100人の夫をもつ女性」という意味

 

シャタバリの学名は、Asparagus racemosus で、

名前の通りアスパラガスの一種です。

 

そもそも “shatavari” とは、100人の夫を持つ という意味です。

「100人の夫を持つ力を与える」といわれ、

そのくらい、女性が元気になるハーブとして使われています。

 

血液と生殖器に対して、

栄養補給と浄化の働きをするといわれ、

女性のホルモンレベルの正常化を助ける植物性エストロゲンと、

免疫力を高めて、ストレスを軽減し、

早期老化を防ぐ滋養成分を含むことが確認されています。

 

月経中の不快感や閉経後のトラブルなど、

女性のホルモンバランスをサポートし、

生涯を通じて伝統的に利用されてきたハーブなのです。

 

女性ホルモンの量は肌年齢に大きな影響を与えます

 

女性ホルモン、特にエストロゲンの量は

お肌に大きな影響を与えています。

 

知っていますか?

エストロゲンは肌の水分を保持して、

肌のハリや弾力には欠かせないコラーゲンを増やしてくれる働きがあるのです。

 

30代半ばから卵巣の機能が少しずつ低下し始めて、

50歳前後で閉経を迎えるころには、

エストロゲンはかなり減少してしまっています。

 

この結果、コラーゲンの産生が急激に減ってしまい、

肌老化がグッと進行してしまうわけです。

 

シャタバリがなぜシワ・たるみに良いか、

それは加齢によって減少してしまうエストロゲンを補う

役割を果たしてくれるからです。

 

インドでは、成人女性だけではなく、

子供から男性まで広くつかわれているハーブで、

粉末を牛乳やお湯に溶いて飲むのが一般的ですが、

まずは気軽にサプリメントから試してみるのも良いと思います。

 

【 シャタバリに興味があるかたはこちらから買えます 】

シャタバリ100倍濃縮 60粒(ベジタリアンカプセル)※約30~60日分

【 次に読むのにおすすめの関連記事 】

加齢による女性ホルモンの減少はお肌にどんな影響があるのでしょうか

シワやたるみに悩んでいるなら要チェック!元女性誌・美容担当のおすすめコスメと辛口レビューサイト

shutterstock_79923584

 

シワやたるみに悩んでいる方以外は、読まないでくださいね!

 
 
 

ほうれい線、目尻のシワ、おでこのシワ、目の下のたるみ…

鏡を見ると、疲れてハリのない肌に、思わずため息がでちゃう…

なんていう日が増えている。

 
 
 
 

なんだか、このごろ今まで使っていたコスメが

あんまりしっくりこないと感じたり、

物足りない感じがする。

 
 
 
 

エステ…?

お金かかりそうだし、

効果が続くのかちょっと疑問だし…。

 
 
 
 

美容皮膚科…?美容外科…?

失敗したらこわいし、

病院にも当たり外れがありそうだし、

だいたい一回手を出したら、もう後戻りできなくなりそうだし…。

 
 
 
 

そっちの世界に踏み込む前に、

まだ、コスメでできるだけがんばりたい…。

 
 
 
 

これ全部、今、実際にわたしが感じていることなんです。

 
 
 
 

でも、シワやたるみ対策の化粧品って、ほんとにたくさんあるので、

もうどれを買ったら良いかわからない!

 
 
 
 

もし、あなたもそんなふうに考えているようでしたら、

どうして効くのかというポイントをきちんと説明してくれて、

さらに自腹で買って使ってみた辛口レビュー、

この2本立てで、

シワ・たるみに効く最強コスメを紹介しているサイトがあるんです。

 
 
 
 

管理人は、わたしの友人で元女性誌・美容担当の香織ちゃんと、同僚だったなつきちゃん。

もし、シワやたるみに悩んでいるようでしたら、

「香織となつきのシワ・たるみとりコスメ.com」 、ぜひチェックしてみてください。


 
 
 
 

あんまり有名じゃないけど、効果バツグンのコスメから、

誰でも知っている有名どころまで、

細かくチェックしているので、

自分でたくさん調べてみる手間がはぶけて良いですよ〜。